皆さまへのご挨拶

議員を目指した原点

私は、昭和29年に世田谷区奥沢に生まれ、以来、半世紀以上に渡り、私の暮らしは、区議会議員としてではなく、ひとりの区民として世田谷区と共にありました。この世田谷で暮らし歩んできた道のり、世田谷で働き培ってきた経験を世田谷のためにとの思いこそ、私が区議会議員を志した原点であります。


私がなぜ議員になったか

私は、父から受け継いだ畳屋を営みながら地域活動なども続けてきました。活動を通じていろいろな方と接するうちに、地域の力、言い換えれば「共助」の体制づくりがとても重要であることを感じました。そして母校でもあり、私の子どもたちもお世話になった東玉川小学校のPTA会長を8年間務め、家庭・学校・地域の連携がいかに大切なことであるか、実感いたしました。

これらの経験を活かし、これまでお世話になった世田谷区、そして奥沢への恩返しのために、議員としてお役にたちたい、そのような思いから区議会議員選挙に挑むことを決断しました。


何を目指していくのか

子どもの頃に元気に遊びまわったこのまちが今も大好きです。生活が便利になり「モノ」が豊かになることは、決して悪いことではありませんが、真の「豊かさ」とは、「モノ」の繁栄、いわゆる「経済の豊かさ」だけではないはずです。人と人の絆の構築、心がかよい合う関係づくり、地域の繋がり、その先にある「心の豊かさ、生活の豊かさ」こそが、これからは必要です。「90万都市世田谷」で、子どもたちが健やかに育ち、子どもたちの元気な声がひびきわたり、そして高齢者がいつまでも健康で生き生きと暮らすことができるまち、そのような「心ゆたかなまちづくり」を目指します。


和田ひでとしのプロフィール

 


学歴・職歴

 


地域での略歴

 


現在

 


これまでの活動風景

平成28年 奥澤神社例大祭にて
平成25年 夏の行政視察(石川県庁)
平成12年 東玉川小学校運動会にて